犬の避妊手術費用は高いよね!

犬の避妊手術はどのように行われるのでしょう?
病院によってやり方は違うでしょうが、雄犬と違い 雌犬は開腹手術をしなければなりません。
全身麻酔で行われるので、当然 入院が必要になってきます。
術前・術後のケアをしっかりしてくれる病院を選びましょう。

また、費用は約2万円〜8万円かかるようです。
金額に差があるのは、もちろん病院によっても違いますし、犬の大きさによっても違ってくるからです。

この手術代には、麻酔料・血液検査・手術料・入院費用・薬代が含まれていることが多いようです。
ただし、手術代だけの低料金で安心させ、後でその他の料金を請求する病院もあるようです。
トラブルを防ぐためにも、あらかじめ信頼のおける病院を選び、納得のいくまで説明を受けてください。

しかし、いくら犬の病気予防や繁殖予防のためとはいえ、手術代の負担は大きいですよね。

現在では、人間と同じようにペットのための保険があるのをご存知ですか?
保険会社によっては、犬の避妊手術に対して、割引制度を適用してくれる保険もあるようです。

また、区市町村からは補助金が出るところもあります。
「申請する区市町村に住居があること」「狂犬病の予防接種 並びに登録が済んでいること」などが条件になっていることがほとんどです。

金額も区市町村によって、まちまちなので各自治体に問い合わせるのが良いでしょう。
タグ:避妊手術
posted by イヌっこ at | 犬の飼い方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。